実際のゲーム

アメリカのカジノに挑戦! ラスベガスのおすすめホテルとマナーについて

カードを守るスイスのカジノ – 7147

日本の成長戦略にとって欠かせない地方創生。政府の重点施策の一つであるが、カジノを含めた統合型リゾート((IR)は地方経済に大きなインパクトを及ぼすとみられている。 IR導入にあたっては、特にカジノにおける不正防止のための内部統制の仕組み作りが欠かせない。内部統制について考える上でのポイントは何か。 この分野に詳しい国際カジノ研究所所長の木曽崇氏、EYフィナンシャル・サービス・アドバイザリーの佐藤誠氏、EY Japan統合型リゾート(IR)支援オフィスの小池雅美氏の3氏に話を聞いた。

内部統制は最重要課題

オンライン賭博に関しては、各国が各々個別の制度を設けて、公益を保持するために一定の規制をしてきたのが現実になるが、国境を超える概念であるインターネットを利用する賭博行為に関しては、個別の国のみの規制では、様々な社会的事象や技術的な課題等を解決できないことも明らかになりつつある。この現実に鑑み、欧州委員会は、新たなEU法としての規制を導入するのではなく、各国における制度的状況とベスト・プラクテイスを今後更に精査し、加盟国と協議の場を設け、お互いの対話と調整を加速化することを実践すること、加盟国が独自の制度を保持しつつも、その行動においては包括的、かつ類似的な政策を取り、弱者保護や不正・いかさま等を防止し、抑止するための共通的な原則を加盟国が共有することをその目的としている。 包括的な政策行動指針、共通原則等を打ち立てることにより、法規制ではないが、実務的に一定の同じ包括的な施策が取られることになる。これにより、整合性のある政策的イニシアチブを取ることができるとする妥協的な考えになるといえよう。 上記動きを踏まえて、欧州委員会は年3月に、「域内市場におけるオンライン賭博に関するグリーン・ペーパー」 Green Paper on on-line gambling in the Internal Market 並びに、事務局作成付帯書類を公表し、同年7月を期限とし、広く公開意見を募る手段をとった。まず、オンライン賭博を手掛かりに、域内の事情と事実を正確に把握、公表し、課題を抽出して、EU域内の規律は如何にあるべきかに関し、各国の為政者、関連する事業者・団体、市民の意見を募り、これをあるべき制度設計に生かすという試みになる。この結果はいまだ議論の過程にあるが年以降のEUの行動計画の中に反映される可能性が高い。 という内容になる。この結果、消費者保護を前提とした、EUレベルでのオンライン賭博基準・標準がルールとして制定される可能性がかなり高まったことになる。勿論これは最低線の基準であり、状況次第では各国毎にその規制は厳格になりうることになる。この場合、EUと各国規制者という二重の認証になり、EUが認定する安全賭博マーク(EU secure gambling mark)なる考えを導入してはどうかとする考えもある。但し、より厳格な各国規制当局による規制がある場合には、この方が当該国の国民にはより信頼できる仕組みになる。EU議会は賭博行為に関し、何らかの域内調和(Harmonization)規定を設けることには継続して反対しているのだが、一方EU委員会は年10月に、消費者保護を目的に何等かの共通的な規範形成に関し、には行動を起こすことを明言している。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。