実際のゲーム

アイルランドの魅力は法人税率だけではない

投資戦略アイルランドカジノ – 38835

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。

国民のカジノ入場料を4月4日から引き上げ

外国企業 誘致。 ジェトロ海外調査企画課 Tel: E-mail:j-tanshin jetro。

カジノ大手が日本撤退宣言、原因は制度不備

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 Las Vegas Sands LVS。

IRが不動産マーケット活性化の起爆剤に

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 現在のラスベガスサンズ社の状況を言いますと、実は同社は現在、統合型リゾートの展開を行っているシンガポール、マカオの両市場において、大きな追加投資を求められている状況にあります。シンガポール政府は、年から同国内の統合型リゾートに賦課するゲーミング税率を引き上げることを発表していますが、同国内の統合型リゾート業者は約3,億円の追加投資を行なった場合、その増税に対して一定の減免措置を受けることが出来るとされています。このゲーミング税率引上げとその条件付き減免措置は、日本におけるカジノ合法化と統合型リゾートの創出を完全に念頭においた、シンガポール政府による国際投資誘因戦略の一環であるわけですが( 詳細に関しては以前解説したのでコチラの記事を参照 )、いずれにせよサンズ社としては既に統合型リゾートの展開を行っているシンガポールにおいて大規模な追加投資を迫られているワケです。 ラスベガスサンズ社の会長であるシェルドン・アデルソン氏は今回の撤退宣言にあたって「これまで日本市場参入の検討をしてきた中で様々な方々に出会え、良い関係を構築できたことに感謝しています。私たちは今後、日本以外での成長機会に注力する予定です。」とのコメントを 同社のプレスリリース にて発表しています。

なぜサンズ社は日本カジノ市場を捨てたのか

0 Question. Question. PICK UP.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。