予測

【ラッキーニッキー】カジノ王への最短距離?!~マーチンゲール法を極める~オンラインカジノ業界でも転生してみたVOL.5

オンラインを始めカジノ王 – 56193

日本のカジノライセンスを入札しようとしているマカオのカジノオペレーター、Galaxy Entertainment Group/ギャラクシーエンターテイメントグループの 会長は、実は慈善家としても名高い のです。ギャラクシー財団を通じて、コロナウイルスが最初に検出された中国の湖北省に、2,万マカオパタカ(約2億7千万円)を寄付したと発表しました。

Vol.5 カジノ王への最短距離?!~マーチンゲール法を極める~

カジノに置き換えれば、つまりこういうことである。 「賭け続ければ勝てる?違うだろう。勝てるまで賭け続けるんだ」 (そうなのか?)。 話は、ニーナちゃんのおっさん時代に遡る。 かつてギャンブルが大好きで身を滅ぼした経験がある新名陽平。 この世にあまたあるギャンブルをありとあらゆる戦法で攻略しようと努力の日々を送っていた(努力で間違いない)。 そんな中、出会ったのが理屈の上では「負けない」システムベットである マーチンゲール法 なのだった。 しかしこのマーチンゲール法、実際のカジノよりオンラインカジノの方がより向いていると僕は思う。 というわけでその辺を踏まえながら説明してみようかと思う。

スカンジナビア半島が生んだ最強カジノ「カジ旅」

そんなリッチなカジノオーナーの中でも、ひときわ稼いでらっしゃる 億万長者 、いや、兆万長者の方達と、そのライフスタイルをちょこっと紹介しましょう。 世界で最もリッチなカジノオーナーといえば、シェルドン・アデルソンでしょう。ラスベガス・サンズの創設者兼CEOであるアデルソンは、急成長を続ける彼のビジネスから毎日平均32億の収入を得ており、現在の資産は億ドルと言われています。アデルソンのLas Vegas Sandsグループは、アメリカ中のカジノを合わせた以上の利益をあげています。 アデルソンは「the rich get richer/富はさらなる富を得る」という、古い格言通りの人生を送っています。現在、彼のカジノ資産には、運河やゴンドラを備えたヴェネツィアを再現する有名なカジノ、ヴェネツィアン・カジノ・ラスベガスもあります。それだけではありません。世界最大のカジノであるマカオのヴェネツィアン・マカオ・カジノ・リゾート、シンガポールのマリーナ・ベイ・カジノ、ラスベガスのパラッツォ・カジノ・リゾート、サンズ・エキスポ&コンベンション・センター、ペンシルベニア州ベツレヘムのサンズ・カジノもアデルソンが所有しています。 アデルソンはアメリカからアジアに至るギャンブル帝国を築いた他にも、政治活動家、慈善家としても働き、イスラエルの新聞、Israel Hayomも所有しています。シェルドン・アデルソンの自宅自体、カジノリゾートと見間違えるほどの豪邸で、ラスベガスの大邸宅は44,平方フィートの超巨大な敷地を所有しています。

ギャラクシーエンターテイメント

アジア最大規模のカジノ展示会「G2E」がマカオに続いてフィリピン(マニラ)で開催された。「G2E Asia the Philippines」として、12月3日と…。 最近の記事 巨星墜つ「マカオのカジノ王」スタンレー・ホー氏 死去 。 CASINO JAPANとは?  。 注目記事 巨星墜つ「マカオのカジノ王」スタンレー・ホー氏 死去 。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。