予測

マカオカジノはアジアにおける優位性は変わらないのか?

カジノリゾート参入方針フルーツマニアスロット – 58208

サンディエゴにおける領事出張サービスのお知らせ 日本国外に3か月以上滞在する方は「在留届」の提出をお願いします。

コロナショックに思う

マカオが世界一のカジノ大国となった今、他のアジア地域のカジノ発展も目覚しい。 シンガポール、韓国、フィリピン、そして今後の解禁が期待される台湾や日本などの進行カジノ国が次々と誕生している。 何故、マカオのカジノ市場が今現在世界一の収益を上げているのか。 大きな理由としては、中国の存在だ。現在中国ではカジノは非合法であり、そんな巨大人口を抱える中国大陸と地続きにあり、中でも約1億人の人口を抱える広東省と隣接していることが大きい。 一点だけ不安材料があるとすれば、2020年問題である。 現在マカオを支えている6大カジノ企業のゲーミングライセンスが2020年~2022年にかけて更新時期を迎える。 その際に、マカオ政府がどのような方針を示すかに大きな注目が集まる。

マカオカジノはアジアにおける優位性は変わらないのか?

Okada, maybe you can reconsider your no work, no pay policy in this time of a devastating health crisis。 Hoping for you to the right thing。 Thank you! Photos courtesy of Okada Manila Construction Project Team and Architect William Ti, Jr。 TriumPHoverCovid pic。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。