予測

カジノ法案という“増税策”

確率事象カジノ議連 – 33859

日本のギャンブル産業では今もなお怪しまれて、知名度が今一歩のカジノ ルーレット。しかし、海外では単なる一企業という考えでポジショニングされているというわけです。 カジノ ルーレットにおいては、想像したよりも多く攻略メソッドがあると目にすることがあります。そんな攻略法に意味はないと思うのが普通でしょうが、攻略メソッドを利用して大きく稼いだ人が多数いるのも調べによりわかっています。 過去を振り返ってもカジノ法案につきましては多くの討議がありました。今回に限っては阿部さんが掲げる基本方針に乗っかる形で、海外からの集客、遊び場、就職先創出、お金の流通などの見解から人々も興味深く見ているのです。 ゲームを楽しみながら儲けることができ、高額な特典も新規登録の際狙うチャンスのあるカジノ ルーレットが話題です。カジノ店も専門誌で書かれたり、相当有名になってきました。 この頃では結構な数のネットカジノ専門サイトで日本語がスタンダードになりつつありますし、アシストサービスは満足いくものになりつつあるようで、日本人だけに絞ったいろんなキャンペーンも、しょっちゅう開かれています。

IR*ゲーミング学会

経済学の教科書によると、情報の非対称性 Information Asymmetry とは、二つの経済主体が、取引や契約などの何らかの関係にあるとき、一方の経済主体が他方の経済主体よりも多く情報を持っている、つまり、情報が偏在している状況を意味する。この情報の非対称性がある場合、情報をより多く持っている主体がその立場を悪用して、不正を働くことがある(卑近な例では、資金の貸出人は借入人がどのように金を使い、活用し、返済を考えているかを正確に知ることはできない。これを悪用して、借入人が借金を踏み倒すような事象を情報の非対称性を悪用したモラル・ハザードという)。カジノの場合にもこれは起こりうる。ハウスと顧客が保持する情報が必ずしも同じレベルではないことを悪用して、ハウス側が不正な行為により顧客をだます可能性を意味する。たとえば、顧客はゲームのルールが公正で、一方的に不利な状況にはないことを確認する手段をもたない。ルールの中に、顧客には解からないように、一方的にハウスにとり確率的に有利な前提を設定することは不可能ではない(これは、顧客勝ち分の配当に関するルールを顧客に解らないようにハウスに有利に設定するなどの考え方になる。説明しない限り、これを顧客は理解することができない)。あるいは、スロット・マシーン等の電子式ゲームは一定の論理回路基準に基づき、公正な確率で顧客にあたりを設定することが制度上の義務となるのが通例だが、これを改ざんし、顧客にとって不利な設定をすれば顧客が勝つ確率は減ることになり、ハウスは確実に儲けることができる(遊技における確率設定の考え方と同じである)。この場合、顧客にとっては何らの情報もなく、そもそも騙されていることを理解する術がない。本来顧客が勝つ確率を正確に理解し、この理解の上に立ち、賭け金行動をすることが適切なのだが、情報の非対称性が存在すれば、そうはならなくなる。 僥倖(チャンス)に依存するゲームとは、勝つか負けるかは基本的には運や確率次第となり、ゲームに参加する誰でもが公平に、同じポジションにある賭博の在り方になるといえる。スロット・マシーンやルーレットによもやスキルがあると考える人はおるまい。スキルというよりもルーレット等では単なる確率と僥倖しか考える要素は無いのだから、お金の賭け方に工夫が必要な場合が多い 確率が高い賭け方に徹すれば、それだけ勝つ確率が多くなり、長い時間遊べることになる。但し、配当は当然少ない 。ややこしいのは、スキルかチャンスか、どちらがより大きな要素を占めているか判定に困る類のゲームが世の中には結構存在することにある。例えば卑近な例でいえば、遊技のパチスロはスキルのゲームなのか、あるいはチャンスのゲームなのかという課題がある。ものの本、攻略本によると、動態視力とか、押し込んで止めるとか、いかにもスキルであることが記載されているが、表面的には、誰が押しても僥倖のようにしか思えない。ブラックジャックなどのテーブル・ゲームはどうであろうか。配られたカードの中で如何なる選択肢を取るかは一定の定石みたいな考えがあり、これを守っていれば、勝つ確率は確実に向上するのだが、これは完璧なスキルとは言えない。これを知っていれば、確かに損する確率は減るが、必ず勝つことができるというわけではない。なんとなれば次に来るカードがどうなるかは、必ずしも読み取ることはできないからである。この様に、一定のスキルや知識は必要だが、僥倖も重要になるゲームは、ゲーム性が高く、単純な僥倖のみのゲームよりも人気が高い。このほか、技量(スキル)と共に全体を見る戦略が絶対要件となり、これに僥倖が加わるテクサス・ホールデム・ポーカー等も、あきらかに技量が無ければ勝てないのだが、僥倖という要素もあり、極めて人気の高いゲームとなっている。 このタイプの賭けごとのもう一つの特性は、インスタントくじの様な例外はあるにしろ、賭けごとの帰結がわかるまでの時間的スパンが比較的長いことにある。だからこそ、賭博をしているという感覚ではなくなってしまうのであろう。もっとも売上を増やすために、時間的スパンが短いスクラッチ・カード等のくじが多量に市場に投入される性向があったり、ジャック・ポットと呼ばれる最高賞金を高額にすることにより賭博性の高いくじが導入されたりして、多種多用なくじ系賭博種が市場に投入され、射幸性が高まりつつある。また、インターネットを用い、個人が保有するコンピューター端末を通じて、クレジット決済で電子的に宝くじを販売することが一部諸外国では試行されつつあり、わが国でも、年の制度改革により、くじのネット販売が実現する方向性にある。これにより、費用をかけずに、飛躍的なくじの拡販を実現できる可能性が高まる。一方、技術の発展は、これ以上に賭博行為を進化させつつある。スクラッチ・カードの原理を応用し、これをすべて電子化し、サーバーで管理しつつ、無数の端末機械で販売、このオペレーションをナノセカンドという瞬時に行ってしまうシステムと機材が欧米諸国に登場した。これをビデオ・ロッテリー・ターミナル(VLT)というのだが、顧客の立場から見れば、外見も、実際の遊び方も、実態もほとんどスロット・マシーンそのものの様に見える。但し、このロジック自体は宝くじ スクラッチ・カード で、たとえば数千台の機械をサーバーが管理し、サーバーが当たりくじを引き、端末機械が瞬時にそれを認識するという具合で機能する。この様に、技術やシステムの発展は、バンキング・ゲームとなるゲーミング賭博と一部のパリミュチュエル賭博との境目を限りなく無くす機械やシステムを提供するに至っている。制度や考え方から言えばロッテリーだが、実態は限りなくスロット・マシーンということになる。これをロッテリー販売の端末機械と称しているわけで、米国、カナダ、そして中国にはいまや無数のロッテリー端末機械(実態はスロットマシーン)が存在する。こうなると、何がロッテリーで、何がスロット・マシーンなのか、実際にこれを楽しむ顧客には全く理解できなくなってしまう。

カジノ法案という“増税策”:日経ビジネス電子版

国会を言論の府であるとする建前からすれば、もっともな批判だ。  とはいえ、与党が3分の2以上の議席を占め、与党外からも賛成にまわる勢力(維新の会)が合流している以上、どんな手順で議論を進めたところで、採決の結果は動かない。与党側が、審議を尽くしたという外形を整えるために、それなりの審議時間を費やしたのだとしても、結果として法案が変更なしに可決されるのであれば、実質的に何が変わるわけでもない。 Powered by リゾーム? パチンコに対してギャンブル依存症を生むから規制せよという声はあまりあがりません。カジノの場合はすぐにその声が上がる。そこにはカジノアレルギーのようなものが有る気がします。振りかざしやすいモラルを感じていい気持ちがしません。 私の住む沖縄では、パチンコ業界の売り上げが億とも億とも言われる。観光以外に大きな産業の無い沖縄で、県の年間予算の半分を軽く上回るこの大金はどこから来るのか?先祖伝来の土地を切り売りしているとしか思えません。 パチンコについてはご指摘のように欺瞞的な脱法賭博であることは大いに問題ですが、最大の問題はそれが多くの貧乏人から金を巻上げる3流賭博である点です。このことがもたらす害悪は図り知れません。カジノの客層はパチンコよりは裕福な人たちが多い。チップを買える最低換金額でコントロールできるからです。お金持ちから金を巻上げるカジノのほうがレベルの高い賭博と思います。カジノができれば、パチンコの客層のうち裕福な人たちがカジノに流れ、パチンコは衰退すると思いますので、良いことだと思います。 なるほど、まとまっていないもやもやを解き明かしてくれる、素晴らしい記事でした。 ところで、下の方も書いていますが、純日本風のカジノはいいと思いますね。 観光というなら、日本でなくてはならない必然性があります。日本でなくちゃ体験できないものを用意できないのなら、そもそも不要だと思います。 ミニラスベガスを作っても、記事の通り海外企業に利益を吸われるだけになりますし、そもそも本格的にカジノに行きたい人は日本でなくラスベガスを旅行先にするでしょうから、必然的に顧客は日本人になります。 VRを使った、サムライランドでも作ったほうが、よほど観光立国につながると思うんですけどね。カジノ法案出した人は、法人税しか見てないんでしょうけど。 ギャンブルについて突き詰めて言えば、「個人の自由に国家がどこまで干渉するのか?」という事であろう。 個人的には、子供のうちに転んで痛い事を経験しておかないと、大人になっても老人になっても所詮は「子供」と同じ。むしろ老いて反射神経が鈍った老人の方が転んだ時に大怪我するのではないかな。 規制規制と叫ぶ方々は、子供に転ぶ機会を与えず、大きな子供を作っているだけの気がする。 今回は小田嶋さんの発言に切れを感じませんでした。 もっと民進党に対しての意見があってもいいとも思ったのですが。これは小田嶋らしいところでしょうか。(政治色を出さない) 替わりに私が民進党等に意見します。 民進党はただただ自民党に反対したいだけでそれ以外の意見集約が出来ない党です。維新の会がいうように給料泥棒です。ギャンブル依存症に対してそれほど危惧するのであれば議員立法でギャンブル依存症対策の法律を立案してみてください。そこまで実行できて初めて真剣に考えていると認めます。マスコミもこの民進党にあやかり視聴率欲しさの報道をしているだけです。 私はカジノに賛成です。賭博といいますが、勝つか負けるだけでは無くその場の雰囲気を楽しむことがカジノに行く理由です。このような人はギャンブル依存症にはなりません。絶対に勝つことを目的に行く人がどれだけいるでしょうか?日本に雇用と収入が増えると思います。

Ⅰ 賭博とゲーミング・カジノの一般論 | IR*ゲーミング学会 | 3ページ

Follow SingaporeRyokou iPhone SE. IR SoftBank 5G 12 ANA8 1101 232 323 414 558 11 TOSHIBA 4K 43V LUMIX 4K SONY 4K AQUOS 4K Panasonic 1 11 HITACHI Vita Craft MEYER 1 SONY Bluethooth1 Aladdin 1 11 HUMMER 20 RENAULT 20 Cadillac 20 CHEVROLET 20 1 New3DS LL G-SHOCK1 1 121 1 BIG10 10 Pepper10 4 10 10 10 3 CM TEN BOSCH CRUISE PANAMA1 26 HTB323 HTB1 4 TEN BOSCH CRUISE PANAMA1 26 10 123   ANA  IT 1 3 3 4 5 7 6 7 8 CEOAmazon 9. 3 4 5 6.

DS REBORN. DS. Days. DS v1 DS.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。