予測

ニューカレドニアカジノの特徴や勝ち方・必勝法を徹底解説

ベット方法ニューカレドニアのカジノ – 22903

人気のゲームは ルーレット 、 ブラックジャック 、 カリビアンスタッドポーカー 、 プントバンコ 、 テキサスホールデムポーカー 、 シックボー・大小 、そしてスロットとなってます。

ニューカレドニアもカジノの宝庫!ブラックジャックで楽しもう

今回使用した航空会社はエア・カラン。 日本から唯一のニューカレドニアまでの直行便です。 エクスペディアで4か月前に予約して一人15万くらい。 ホテルも良いところなのでお得感ありでしたね。 チェックインは出発の1時間半前くらいに行いましたが、カウンターガラガラ・・ めっちゃ空いている!と思いきや、搭乗口に行ったら普通に混んでいましたww 成田からだいたい8時間半程。いざ出国! 昼に出発して、現地に到着したのが現地時間で23時前。 換算レートはどこでもそんなに変わらない(数万ごときでは大きな差にならない)ため、早速換金。 ひとまず4万円換金しましたが、交換されたのはXPF。 手数料なるものがXPFほど引かれてこの金額。 今回の旅行はいっぱい消費しそうです。 これでも昔はレートが0。 あらかじめ自分で予約しておいたシャトルバスでホテルまで移動します。 僕はツアー会社を利用せずに航空券とホテルをとったので自分で移動手段を確保しなくてはなりませんでした。 この場合は、事前に直接ホテルに予約をお願いしましょう。 ホテルのホームページからメールを簡単な英語で送ればOKです。 一人CFP,日本円にして円くらいです。 ツアー会社にシャトルバスの手配だけお願いすることもできますが、やや割高なので直接自分で予約してしまうことをお勧めします。 さて、ホテルに到着。 Chateau Royal Beach Resort and Spaはニューカレドニアの中だとかなり新しく、評価が高いホテル。 ロビーはこんな感じ。 ニューカレドニアのお店はクローズするのが比較的早く、ホテルの中のレストランも最遅で0時までなので到着した時にはどこも営業していませんでした。 機内食も晩飯には軽食しか出てこなかったので日本からインスタント食品を持っていくことをお勧めします。 腹が減ってもなす術がありません!w。 部屋にチェックインしてみると、やはりホテルが新しいこともあってむっちゃ綺麗! カウンターキッチンがあって、 ここではもちろん調理可能! まな板、包丁、各食器、ワイングラス、IHコンロ、電子レンジ、食洗機まで! ただコンロはやや狭い。鍋は一つしか置けないかな。 でもここまで揃えられたら自炊しろよと言われてる感じがするくらいです。 そう、この国、ニューカレドニアでは一般庶民は自炊が必須であることを後から思い知るのです…。

ヌメアでカジノをするならメリディアンがオススメです

日本から約9時間で行ける太平洋の楽園ニューカレドニア。 フランス領であるニューカレドニアは「プチフランス」を楽しみたい女性からも、ダイバー達からもとても人気の高い旅行先であり、日本から行きやすいカジノ合法国でもある。 カジノはニューカレドニア最大の都市ヌメアに2箇所ある。 旅行の際に「カジノも少しのぞいてみよう」と計画する人は多い。 だが実際には 「何をどうしたらいいのか分からない」 「ゲームのルールが全然分からない」 「スロットはできてもテーブルゲームは勇気が出ない」 と、入場してもすぐに出てきていしまう人が多いのだ。 なかには、 「賭け方がわからずにボタンを押したら全額が1回でなくなってしまった」 という悲惨な経験の持ち主も・・・(笑) いやいや、これは笑い事ではなくてゲームに疎い女性には結構アリガチなパターン。 ここで「このサイト怪しい」と感じたあなたはザ・日本人である。 オンラインカジノに不信感を抱いている日本人が多いが、それはナンセンス。 というか、そんな考え方が蔓延しているのは日本がカジノ後進国であるが故なのだ。

ニューカレドニアのカジノ

ニューカレドニアのヌメアには2軒のカジノ店があり、1つは海沿いのホテルのルサーフの方に入っているカジノロワイヤルです。 そしてもう1つはメリディアンホテルに入っているグランカジノです。 どちらも規模的にはかなり小さいですが、メリディアンの方がルサーフよりも高級感はあります。 ルサーフの方はいかにもアメリカの田舎という雰囲気ですが、海にせり出したような立地に建っているので眺めは最高です。 メリディアンの敷地内にあるグランカジノはヌメアの観光各からも人気が高く、アンスバータビーチに面した高級リゾートホテルのすぐ目の前にあります。 ホテル内には日本人スタッフが常駐していて、各旅行会社のツアーデスクもあるので多くの観光客が訪れます。 台のスロットマシンやヨーロピアンルーレット、ブラックジャックやカリビアンスタッドポーカー、ミニバカラやテキサスホールデムポーカーなどがプレイできます。 メリディアン営業時間は、スロットマシンは昼の11時からやっていますがテーブルゲームは夜の8時からスタートです。 服装はドレスコードではなくスマートカジュアルスタイルでもOKなのですが、ビーチサンダルや短パン姿は入店を断られます。 メリディアンのホテルは旅行経験度によっても評価は変わるものの、5つ星ホテルのわりには豪華さはなく普通のリゾートホテルです。 しかし決して豪華なホテルではありませんが、初めてニューカレドニアを訪れる日本人にとってはオススメできます。 日本人パックツアー客が無難に過ごせるホテルと言う意味では貴重と言えるでしょう。 ヌメアはラスベガスと比べると施設的にも小さくテーブルゲームのミニマムベットは高めの設定なので気軽に始めにくい雰囲気がありますが、最近リニューアルされています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。