予測

【逆転オセロニア】勝者の心づかいの効果と習得キャラクター

勝者ランキングスキルゲーム – 16667

世界ランク1位の シモナ・ハレプ (ルーマニア)と2位の カロライン・ウォズニアッキ (デンマーク)による女子シングルス決勝は、ランキング1位の座とグランドスラム初優勝を懸けた戦いだった。

全豪オープンの関連記事

評価の数 41。 Amazonは星評価をどのように計算しますか? 星の数は、単なるデータの平均ではなく、機械学習によって評価されています。機械学習においては、直近のレビューの評価や、購入状況など、フィードバックの信頼性を確立するために、複数の要因が考慮されます。 このページは JavaScript が有効になっている場合に最適に機能します。それを無効にすると、いくつかの機能が無効になる、または欠如する可能性があります。それでも製品のすべてのカスタマーレビューを表示することは可能です。 投資の成否を決めるのは、すべて常識である。 市場全体のポートフォリオを有する低コストのインデックスファンドを取得し、永遠に持ち続けることである。 ボーグルの言っていることは、年の前著(「マネーと常識」)から驚くほど変わっていません。この11年の間にはリーマンショックがあり、東日本大震災がありました。年に一度、年に一度の危機を潜り抜け、これほどの時の試練を経ても、ボーグルの言っていることは何も変わっていません。 そして彼は正しかった。 本書も二回読み返しましたが、私の「マネーと常識」には赤線、青線、緑線が引かれており、ボロボロです。世界中の株価が暴落する最中を、「マネーと常識」を何度も読み返すことで耐え凌ぎました。そしてボーグルが創設してくれたバンガード社のETFと投信のおかげ資産形成することができました。 マルキールの「ランダムウォーカー」、エリスの「敗者のゲーム」ばかりが持て囃されており、ボーグルの著書が今一つ広まらない原因の一つは、日本語のタイトルのつけ方にあると思います。"THE LITTLE BOOK of COMMON SEMSE INVESTING" という原題であれば、本邦でのタイトルは、ずばり、「コモンセンス」にした方がずっとすっきりすると思います。「インデックス投資は勝者のゲーム」などという凡庸なタイトルでは、前著との連続性すら伝わりません。 果たしてインデックス投資家を自称する人らで、本書の内容、S&Pを買ってガチで末代までバイアンドホールドする覚悟のある人がいるんだろうか。 本の中に、莫大なリターンを得るのは数十年後であり、信じられないほど金持ちになるのは子孫だというような旨がある。9章にあるように、ここから10年はかつてのようにリターンは得られない(6%から-1%)とも言っている。 一番知りたかった内容、VOO買うのは決まりなのだがガチホールドした場合と明らかに割高の時に一旦利確した方が良いのかは全く触れられなかった。まあ、ガチホールドしとけって前提なんだろうけど。 意外だったのは、バフェットさんは9割VOO突っ込んどけと言うのに、ボーグルさんは5割か4割債券だそう。 確かにゼロクーポンが20年で2倍弱確定なのは魅力だけど・・・そこは全力でVOO行って欲しかった 正直なんか。 トップ評価 新しい順 トップ評価。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。