予測

【図解・行政】カジノ法のポイント(2018年7月)

入場制限カジノマシン – 13136

カジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法が20日成立するのを受け、政府は今後、開設に向けた準備を本格化させる。2019年の夏から秋ごろに、監督機関であるカジノ管理委員会を設ける他、IR設置箇所を選ぶ際の基準となる基本方針を策定する。手続きが順調に進んだ場合、日本初となるカジノの開業時期は早ければ20年代半ばになる見通し。政府はIRを「観光先進国」実現の切り札として、作業を加速させる。  刑法は原則として賭博を禁じ、競馬や競輪といった国や地方自治体が関わる公営ギャンブルのみ特別法で認めてきた。新法は、観光や地域経済の振興に寄与するとの「公益性」があるなどとして、例外的に民営カジノを合法化した。  懸念されるギャンブル依存症やマネーロンダリング(資金洗浄)への対策も盛り込んだ。日本人客はマイナンバーカードで本人確認した上で、入場回数を7日間で3回、28日間で10回までに制限。20歳未満や暴力団員の入場を禁じる他、本人や家族からの申告に基づく利用制限措置も設けた。国が事業者に免許を与えるかどうか判断する際は、カジノ管理委が事業者の中に反社会勢力が入り込んでいないか厳格に審査する。  日本人客からは入場料として1回6000円を徴収する。事業者のカジノ収入の30%は納付金として国と立地自治体の収入となり、観光や地域経済の振興などに充てる。  IR設置に向けては、誘致を目指す都道府県・政令市が事業者と整備計画を策定し、国の認定を受ける必要がある。設置箇所は3カ所に限るが、最初の認定から7年が経過した後に、箇所数を増やすかどうかを検討する見直し規定が設けられた。  政省令など政府内の検討に委ねられている事項も331項目あり、詳細は今後決まる。例えばカジノで行うゲームの種類にルーレットやブラックジャック、スロットマシンなどが考えられるが、法律には明記されておらず、カジノ管理委が規則で定める。

20年代半ばにもカジノ開業=政府、準備本格化-法成立

では、世界のカジノでは 何歳からの入場 が出来るのでしょうか? ということで、今回は 世界中のカジノの年齢制限 について特集したいと思います。

脳汁級のカジノスロットマシンのボーナス中映像「CRAZY STARS」

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。 IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。 オペレーショナルリスク・プラクティスの日本責任者、IR(統合型リゾート)ビジネス・プラクティスの責任者を務める。 公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士。 年公認会計士登録。 【オペレーショナルリスク・プラクティス】 15年以上にわたり、リスクアドバイザリー業務に従事し、オペレーショナル・リスク領域のプロジェクト責任者を多数務める。 専門分野は、コーポレートガバナンス、内部統制、内部監。。 目次 カジノ施設への入場回数制限及びマイナンバーカード等を使った本人確認措置が講じられる IRビジネス参入においては、入場規制等を考慮した上での事業計画の検討が必要となる ギャンブル依存症(賭博依存症)関連記事 連載「我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点」のアーカイブ IRビジネスグループとは IRビジネスグループのアドバイザリーサービス IRビジネスグループの最新活動 プロフェッショナル 関連トピック。 マイナンバーカード等を使った本人確認・入場回数の把握に関して IR整備法では、カジノ施設への入退場の際に、日本人及び国内居住の外国人にはマイナンバーカード等を使い、その他の人には旅券(パスポート)等を使って、本人確認及び入場回数の把握を実施するとされています。 日本のIRの議論においては、特にギャンブル依存症対策等の観点から、カジノ施設への入場者を適切に管理するために、以下の観点からマイナンバーカードを用いて本人確認を行うことが検討されてきました。 本人特定事項である氏名、住所、生年月日、顔写真が記載されていること 公的機関が発行する書面で、国民が容易に入手できること 特定の個人について一貫して最新の情報を確認することができること その結果、IR整備法第70条(入退場時の本人確認等)では、以下のような規制が定められました。 1 日本人及び国内居住の外国人に関しては、マイナンバーカード及びICチップに格納されている電子証明書を用いた公的個人認証等を用いて、入場者の本人特定事項や当該入場者が入場禁止対象者に該当するかどうか等を確認する(同70条1項) 2 国内に居住しない外国人に関しては、旅券(パスポート)等を用いて、入場者の本人特定事項や当該入場者が入場禁止対象者に該当するかどうか等を確認する(同70条1項)。 以下ギャンブル依存症(賭博依存症)関連記事も、あわせてご一読ください。 >ギャンブル等依存症への日本政府の取組み等~統合型リゾート関連記事 >海外カジノオペレーターのギャンブル依存症対策への取組み >ギャンブル依存症対策に関する米国ネバダ州における取組み等~統合型リゾート関連記事 >カジノ施設の設置及び運営に伴う有害な影響の排除 ~我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点(7)~ >各国のギャンブル依存症(賭博依存症)対策への取組み。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。