予測

【スウェーデン】国内に4店舗ある国営カジノ「カジノ・コスモポール」

ボンスコスモポールカジノ – 21881

今回は、年12月よりサービスを開始したオンラインカジノサービス 『BONS CASINO(ボンスカジノ)』 について解説していきたいと思います。

国営カジノがあるスウェーデン

カジノ・コスモポールは、 スウェーデンにある国民の希望によって設立されたカジノ です。今回は4か所のコスモポールの生まれた経緯、特徴や雰囲気、遊べるゲーム等について説明していきます。 コスモポール はストックホルム、ヨーテボリ、スンドスバル、マルメの4か所に設立されています。ストックホルム店は首都であることもあって、観光客も多く、年も前に建てられた映画館を改装して利用しているので、アールデコ調の歴史を感じられる造りになっています。 国営カジノは基本的に入場料を取っているのですが、コスモポールは入場料として30クローナ およそ円 を支払います。更に国営のカジノの場合、賭博場というだけで悪いイメージが付きかねないので社交場であることを意識してもらうため、ドレスコードもきちんとしています。そこまで堅苦しいものではなく、スマートカジュアルと思っておけば大丈夫です。女性の場合はワンピースかスカートにブラウスを、男性の場合はジャケットが必須ですがネクタイはなくても問題はありません。カジュアル過ぎると場にそぐわないので注意しましょう。 ゲームの内容もポピュラーな二つだけ軽く説明致します。ブラックジャックは自分のカードと親 ディーラー のカードで勝負をします。カードの合計が21に近い方が勝ちで、22を超えた時点で負けになってしまうのです。もう一つはルーレットを説明します。ルーレットはディーラーが投げたボールがどの数字に入るのかを当てるゲームです。ボールが止まった場所によって勝敗と配当が決まるルールになります。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

スウェーデンと言えば、環境先進国としても知られており、自然に優しいイメージがある国。なので、煌びやかなネオンなどの、エンターテイメントはあまり想像しにくいが、そこは社交場として利用されることの多いヨーロッパだけに、国民の娯楽施設として、ギャンブルもしっかりと整備されています。 街では、競馬や宝くじが楽しめたり、国内には4カ所の国営カジノ「カジノ・コスモポール(Casino Cosmopol)」があり、国民と観光客の娯楽として楽しまれています。 出典: 賭博台の前では皆平等(2) スウェーデン 世界にカジノ 〜世界のカジノ情報サイト『カジノバ』〜。 遊べるゲームは、テーブルゲームが合計46台とスロットマシン台。 ブラックジャック フェイスダウンブラックジャック カリビアンスタッドポーカー テキサスホールデムポーカー スリーカードポーカー ルーレット プントバンコ シックボー ハイカードフラッシュ スロットマシン。 カジノ内は、単純にカジノで遊ぶだけでなく、レストラン利用をする事もできます。館内には、レストラン「JACKPOT GRILL & BAR」やバーが2軒「POKER BAR」「BAR BLACK JACK」。また、スポーツ観戦を楽しめる「SPORT ZONE」も完備されています。 出典: 気軽に楽しめるカジノ - Casino Cosmopolの口コミ - トリップアドバイザー。

【2020年最新版】BONS CASINOの評判はどう?危険?特徴・メリット・デメリットをまとめてみた。

カジノエックスのボラティリティフィルタについて カジ旅は忙しい人でもプレイしやすい? レオベガスのギャンブル依存防止策について。 カジノで賭ける時、 「フィボナッチ数」と呼ばれる数列を使った賭け方 があるのをご存知ですか?なんだか難しそうと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、最初に言っておきますが、フィボナッチ数列を使った賭け方は 決して難しくありません 。ご安心ください。 フィボナッチ数列法はカジノでは ルーレット や バカラ のように、「勝ちか負け」「偶数か奇数」など 2択(イーブンベット) で用いられることが多い手法です。フィボナッチ数列を使用することによって 損失を抑えたり 、 利益を増やしたり できると言われています。 ここでは「フィボナッチ数列って何?」と思っている方、フィボナッチ数列という言葉を初めて聞く方にも分かりやすく、基本的な知識から丁寧に説明していきたいと思います。それでは早速、「フィボナッチ数例とは何なのか?」の説明に入ります。 簡単に説明すると、フィボナッチ数列とは0・1・1・2・3・5・8・13・21・34…と続いていく数列を指します。実は 隣り合う数字の合計が次の数字 になっているのです。例えば、34という数は13+21=34という形式で導き出されます。34の次の数字を知りたい時は、21と34を足せばよいということです。つまり、21+34=55ということになります。 フィボナッチ数列法は、カジノでベットする時に使われる手法 です。負ければ負けるほど賭け金が増えていきます。勝率が50%となるようなゲームの場合、確率的には負けた後は勝つ確率が増えます。 ゆえに、 フィボナッチ数列法を用いれば、例え負けたとしても負けを取り戻せるという考え方がベースになっています 。とはいえ、実際のゲームでは連敗が続くこともあり、必ずしも賭け金を増やせるわけではありません。 フィボナッチ数列の手法通りにベットすることで、冷静にゲームを進めることもできるのです。後ほど詳しく説明しますが、フィボナッチ数列法を取り入れることによって、 「ゲームに負けても、損失を抑えられ、勝てば勝つほど配当が増えていく」 というゲームの進め方ができます。なので、手持ちのチップで長時間プレイしたいという人に おすすめの手法 です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。