予測

ブックメーカー投資 LIVEベットの考察

ゲームの確率計算テニスベット – 29611

さて、既にウインブルドンは始まっている。 オープン大会なので予選が既に開始されているわけだ。 本選を前に一度ウインブルドン対策とでも言うべき、Dan Westonの考察を解いてみよう。

期待値の基本式を理解する

スポーツベッティングをしている時、「 この賭けはなぜこの倍率なのだろう? 」と疑問を持ったことはないでしょうか?例えばサッカーなら「来週のJリーグ、横浜vs川崎は横浜3。 そこでこのページでは、 ブックメーカーはどうやってオッズを作っているのか?何を根拠に倍率を設定するのか?どうやって儲けているのか?マージンとは何か?還元率や期待値とは何か? について、そしてそれらの知識をスポーツベッティングに生かす方法をできるだけ噛み砕いてまとめました。 まず、再確認しましょう。 ブックメーカーは、プレイヤー達にギャンブルの機会を提供し、オッズを用意し、賭けを受け付け、賞金を払い戻し、そして利益を得ています。 つまりこの過程に儲けのカラクリがあるということですね。ウィリアムヒルのように人もの従業員を雇い、年間億もの利益を出し、ロンドン証券取引所にも上場するような巨大企業に成長できるということは、彼らのビジネスが数字以上に磐石であることを意味します。もしも、「プレイヤーの負けた分が利益」という単純なビジネスモデルなら、うまくいくでしょうか?これだと自身もギャンブルをしているのと同じですし、「反対にプレイヤーが勝ちまくればそのまま損失になるのでは?」と、素人でも分かりますよね。果たして、そんなにシンプルな話なのでしょうか。 確率をそのままオッズに換算すると、均等に賭けた場合に胴元側 ゲームを提供する側 にはなんのメリットも生まれません。例えば、鈴木さんが山田さん、佐藤さんにコイントスのギャンブルを持ちかけ、「当てたら2倍だよ」と提示するとどうなるでしょう。山田さんが表に1万円、佐藤さんが裏に1万円賭けると、鈴木さんには1円も残りません。 さて、ここまでの説明でカラクリの重要な部分であるマージンについてはなんとなくイメージできましたか?ブックメーカーに限らず、この原理はほとんどすべてのギャンブルに当てはまります。つまり、基本的に 「確率よりもオッズが小さい。賭け金総額よりも支払う賞金総額が少ない」 という仕組みがあるから、ギャンブルの胴元は運営費用を稼ぎ出し、ギャンブルの機会提供というビジネスを続けることができるわけです。

【数学】中2-79 確率チャレンジ Lv.1(基本編)

賭けるべきか、そうでないかを考える方法を学ぶ

Let's Go. XD. U OVA 1 2 3 THE ORIGIN. EVO AG DP BW XY SM.

ゲームの確率計算 | カジペディア

                                      . Taru. kintaro kimutake.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。