検査

公営ギャンブルに勝るペイアウト率が嬉しい

ペイアウト率賭けポイント – 56670

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。 今回は、 ベラジョンカジノのペイアウト率について ご紹介していきます。

競馬や競輪から抜け出してオンラインカジノへ移行

人はギャンブルに熱くなってしまうと、もう周りが見えなくなっていくものです。 まさに自分の好きなことに夢中になって、時間の経つことも忘れてしまっていること。 こんなことができる楽しみがある人は幸せかもしれません。 それが賭け事にも現れてきます。 賭けるスリルと配当金ゲットは人を熱中させてしまいます。 こんな快感的な感激はそんなに多くはないと思うかもしれませんが、意外に身近な所にも残っていました。 競馬や競輪は、私達の街や都会の中にドカンと馬券売り場があったりします。 競馬ファンの人にとっては、そこがギャンブルの聖地みたいな場所かもしれません。 それはそれで構わないのですが、ギャンブルの世界に新たなうねりが巻き起こってきたのです。 競馬や競輪のように場外馬券売場に出掛けて馬券を買い、レースに参加するような面倒なことはしません。 オンラインカジノでは、インターネットに繋いで、カジノのサイトにアクセスするだけ。 場所や閉店する時間を心配する制約がありません。 自宅でパソコンで楽しんだり、スマホでアクセスして賭けることもできます。 公営ギャンブルでは運営側の利益がとても高くペイアウト率が低くなっているので、プレイヤーにとっては、不利なギャンブルと言えます。 オンラインカジノは、胴元が少ない利益率でカジノ運営をしていますので、プレイヤーが稼ぎやすい利点があるわけです。

オンラインカジノでよく見かけるペイアウト率の正体

当然、ペイアウト率とはなんなのか? という疑問が浮かびますが、その定義は賭けたお金に対して、どれくらいの割合で払い戻しが期待できるかを示した数値(オンラインカジノ還元率)のことを言います。 例えば、ペイアウト率95パーセントのゲームの場合、万円を賭ければ平均して95万円が戻ってくる計算になります。 「 それって損じゃん 」と思うかもしれませんが、当然です。基本的に、すべてのゲームはカジノ側が勝つようにできています。なので、ペイアウト率がパーセントを超えるゲームはないと思ってください。 それでは勝てないと思いますよね。でも、違うのです。ペイアウト率というのは、個人単位で数えられるものではなくて、カジノ全体(あるいはゲーム全体)でカウントされるものだからです。 仮に、万円を持ったAさんとBさんがいて、Aさんは万円勝ち、Bさんは全額スッテしまったとします。2人の合計元金は万円でリターンは万円ですから、この場合、ペイアウト率は95パーセントになるんですね。 こう考えると、ペイアウト率が高いからと言って必ず勝てるわけではないということがわかると思います。ただ、ペイアウト率が高いほうが、より勝てるチャンスがあるのは事実です。 より高いペイアウト率のゲームを選んで挑むのは、 戦略 として間違いではありません 。 ペイアウト率はプレイヤーの取り分。 ハウスエッジは胴元側の取り分。 つまり、ペイアウト率+ハウスエッジは必ずパーセントになるわけです 。 ただ、胴元の取り分を明示すると「 必ず負ける 」という印象が強くなってしまいがちです。そのためか、大抵のギャンブルの場合、ハウスエッジではなく、ペイアウト率のほうが公開されています。オンラインカジノでも同様で、ハウスエッジが公開されているというのは聞いたことがありません。 ちなみに、攻略サイトや書籍などでは「 ハウスエッジが低いゲームを選べ 」と書かれていることがよくあります。これは、「 ペイアウト率の高いゲームを選べ 」とイコールだと理解しておきましょう。

ペイアウト率とハウスエッジの関係

ペイアウト pay out を直訳すると「支払い」という意味ですが、ギャンブルの世界では「払戻し」と訳します。 胴元側にとっては支払いなのですが、プレイヤー側にとっては払戻しになるからです。 つまりペイアウト率は「払戻し率」という意味になります。 オンラインカジノはペイアウト率を公式サイトで公表しています。 例えば、ジパングカジノではペイアウト率を月毎に発表しており、その数値は第三者機関により監査を義務付けられているそうです。 逆を言えば、そこまでの企業努力をしなければプレイヤーからの信頼を得られません。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。