検査

スティックペイ(STICPAY)の特徴!入出金・手数料・登録方法を全解説【2019年最新】

スティックペイ実際の出金時 – 6034

まずは、スティックペイ(Sticpay)の 公式サイト にいき画面右上の会員登録をクリックします。

iWallet(アイウォレット)とは?

オンラインカジノの決済方法として利用できる「 スティックペイ 」。利用しているオンラインカジノで見かけるという人もいれば、まだまだ知らないという人もいるでしょう。 冒頭でも紹介したとおり、 ecoPaysに変わりうる次の電子ウォレット とも言われています。年に登場したばかりなのでまだオンラインカジノにあまり普及していませんが、そのメリットを確認してみましょう。 スティックペイの全ての利用者が発行するものといえば、スティックペイカードです。これは、 MasterCard対応のカード となっているため、以前廃止になったecoPaysのecoカードのような役割を果たしてくれるとして人気が高まっています。

STICPAYのココがすごい!6つのメリット

XMTrading(エックス エム)では、お客様の出金(引き出し)に関して、「迅速」「確実」をモットーとしており、すべての出金申請において、XM側での処理手続きは、24時間以内に完了いたします。 XMTradingでは、全ての入出金手数料を原則廃止し、お客さまの負担の軽減に努めています。また、大切な個人データを保護するために、SSL技術を使ってすべての決済処理を行います。 BXONE Wallet(ビーエックスワン)。 XMでは、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の一環として、 ご入金頂いた金額までは、入金頂いた方法と同一の方法でご出金頂く必要がございます。 但し、トレードで得た利益は、海外銀行送金(電信送金)にてご出金いただく事が可能です。下記は、XM口座へ複数の入金方法でご利用した場合の引き出し方の一例です。 例) クレジットカード(VISA)で、『5万円』入金し、『3万円』の利益が発生した場合(合計残高:『8万円』)。 例) クレジットカード(JCB)で、『5万円』入金し、『3万円』の利益が発生した場合(合計残高:『8万円』)。

スティックペイ実際の出金時 – 50823

大前提!STICPAY(スティックペイ)は複数通貨口座を持てる電子決済サービス

例)イギリスに住んでいるスティーヴさんが日本に住んでいる広重さんに送金をしようとしています。 現在、スティーヴさんが広重さんに送金する方法は海外銀行送金しかありません。手数料も高く時間的にも早くて2~3日掛かります。 しかし, STICPAY口座をスティーヴさんと広重さんが持っていれば、たった1分でティーブさんは広重さんが望む通貨で送金が可能です。 全世界初の現地銀行出金サービスです。 現在は現地銀行への出金可能な国は7カ国へ提供しており、続けて可能な国を増やしていく予定です。 現在は日本、インドネシア、韓国、 フィリピン、シンガポール、 中国、マレーシアでは現地銀行から出金可能です。 STICPAYと提携を結んでいるショップはオンラインショッピングモール、オンラインゲーム会社、外為取引会社など様々な分野に分布しています。 ユーザーはSTICPAYの金額を提携ショップでリアルタイムで即座に使用することができ、便利な使用性に満足いただいております。 顧客から決済された金額は、ショップが登録したSTICPAY口座でリアルタイムに確認できます。 決済金額を出金したい場合は、現地出金、海外送金、プリペイドカードで出金していただけます。 もし総限度額をユーロ以上にアップグレードをご希望の場合は、 AML(Anti Money Laundering)の規定により、本人確認のため 下記の二つの有効な書類の提出と承認が必要になります。 STICPAYは個人間送金及びインターネットショップ利用に便利なグローバルサービスです。 海外に商品を販売するオンラインショップでは決済手段として高い満足感を感じていただいており、海外旅行を準備中であったり 海外送金の高い手数料が気になる個人ユーザーもSTICPAYのメリットのおかげで多くご使用いただいております。 特にレアな通貨を必要とする個人及び企業には必要なペイメントの機能を提供します。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。