専門知識

個人投資家向け 株価情報NAVI

配当配当の計算方法 – 14177

ダイヤモンド・ザイの巻頭特集は「高配当株 超入門」! 株価が比較的安定しているから株初心者にもおすすめな「高配当株」について、投資の基礎知識から今"買い"のベスト71銘柄まで、詳しく紹介している。

配当性向とは?配当利回りとの違い

配当とは、 「会社が得た利益の一部を、株主へ支払うもの」 です。事業がうまくいったお礼として、利益の一部を株主に配当という形で還元することがあります。一般的にはお金で還元することを配当、サービスや物として還元することを優待と呼びます。 みずほフィナンシャルグループ に万円投資した場合、年間3万円の収入となり、単純計算すると20年間で70万円になります。もちろん、値動きによるリスクは考えないといけませんが、配当金狙いの投資方法は長期保有を考える方にはおすすめの投資方法です。 配当は1株あたりの金額で表示されます。 たとえばある企業の配当金は円という場合、これは1株あたり円の配当金が出るということです。 この株を買ってもっていなければいけない日のことを「権利付き最終日」といいます。 株を買って権利付き最終日の取引終了時点まで保有して、次の営業日を迎えると配当や優待をもらうことができるのです。 逆に言えば、権利付き最終日のみ株を保有すれば配当や優待をもらうことが可能だとも言えます。権利付き最終日の翌営業日は、配当や優待の分の株価下落があるのが一般的です。 この権利付き最終日の翌営業日を「権利落ち日」といいます。 権利付き最終日と権利落ち日は銘柄ごとに異なります。 配当や優待を狙う場合場合には、あらかじめその企業の権利付き最終日が何月何日なのかを確認しておきましょう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。