専門知識

世界の大手カジノ企業を11社ピックアップ!どんな事業?CEOは誰?

ゲーミングクラブカジノリゾート参入方針 – 11251

IRに関する有識者で構成される特定複合観光施設区域整備推進会議(通称、「IR推進会議」)は、平成29 年7月31 日に内閣総理大臣に対して議論内容を「特定複合観光施設区域整備推進会議取りまとめ~「観光先進国」の実現に向けて~」(以下、「IR推進会議取りまとめ」)として会議の報告書を提出しました。IR推進会議取りまとめは、IR設置に必要となる法制上の措置(いわゆる「IR実施法案」)の骨格となる内容です。本稿ではIR推進会議取りまとめの概要を解説します。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

PAGCORがマニラのカジノ営業再開のための請願書提出を明かす   フィリピンのゲーミング規制機関であるPAGCORは、先月営業再開への請願書を提出し、現在は全国のランドベースゲーミング営業を再開するのため、新型コロナウイルス対策で設置された省庁間タスクフォース IATF からの承認を待っていると話す。   Inside Asian Gamingは、新型コロナウイルスによる規制が、フィリピン首都圏で月曜、強化されたコミュニティ隔離 Enhanced Community Quarantine:ECQ から、一般的なコミュニティ隔離 General Community Quarantine:GCQ 措置に引き下げられたことを受けて、PAGCORに対して、カジノおよび統合型リゾートの営業再開の許可がいつになるか関する具体的な見通しがあるのか質問し、同規制機関は、すでに事業者たちが従うと合意している提案中の安全ガイドラインのリストを含め、そのような要請をすでに行なっていると明かした。 マカオよりもシンガポールのカジノで社会的距離がより大きな長期的影響を持つ ラスベガス・サンズ   ラスベガス・サンズ(LVS のロブ・ゴールドスタイン社長兼COOは、今年ビジネスが通常の状態に戻り始めると、同社のシンガポールのリゾート、マリーナベイ・サンズ MBS でのカジノ営業は、マカオでの営業よりも社会的距離措置による影響を受ける可能性がはるかに高いと警告している。   マカオ時間木曜に行われた20年第1四半期業績発表の中で、大きな利益を生み出すアジア事業がいつどのように回復していく可能性があるかを聞かれたゴールドスタイン氏は、6月までに客が戻ってくることへの自信を覗かせたものの、シンガポールではスペースの制限によって、問題がより大きくなる可能性があると指摘した。MBSにはテーブル約台、スロットマシン2,台が設置されているのに対して、マカオのサンズ・チャイナにはテーブル1,台、スロットマシン5,台が設置されている。 セガサミーHD、横浜IRに参入表明 日本企業は初「潜在力が大きい」   セガサミーホールディングス(東京都)は29日、横浜市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)に、運営事業者として参入する方針を公表した。横浜のIRを巡っては、複数の海外企業が運営権獲得に名乗りを上げているが、日本企業は初めて。 カジノ誘致レースが本格化、「IR関連銘柄」の本命・大穴はどこか   カジノを含むIR(統合型リゾート)の誘致レースが過熱化し始めています。IRに認定されるための要求基準や評価基準を定めた基本方針が、来年1月をメドに策定される予定となっているからです。   立候補を検討している自治体は基本方針に沿って、申請期間(案)である年1月4日~7月30日に申請するための取り組みを活発化させていくことが見込まれています。認定される自治体の上限は3つ。認定時期は年後半から年頃になる見通しです。。 自民党・道民会議の内田尊之道議が、IR誘致について質すと、鈴木知事は「候補地は希少な動植物が生息する可能性が高く、限られた期間で環境への適切な配慮を行うのは不可能だと判断した。今回の申請は見送るが、来るべき時には挑戦できるよう、所要の準備をしっかり進める」と表明しました。   国はIRについて、2021年7月までに誘致申請を受け付け、最大3カ所を認定することにしています。鈴木知事の方針は、この「2021年」には間に合わないから見送るものの、それ以降の誘致の可能性を引き続き探る、というものです。  自民党会派の遠藤連道議は「非常に残念というか、悔しい。大きなチャンスを逃した」と話しました。 カジノ、21年に申請受け付け 7月まで、準備期間に配慮   政府は19日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の認定申請を年1月4日から7月30日まで受け付ける日程案を公表した。申請する都道府県、政令指定都市の準備にかかる時間に配慮した。立地区域は最大3カ所。政府による認定は早ければ年との見方もあったが、21年以降となる。   今回の日程案は12月18日まで一般から意見を募集。結果を踏まえ、既に公表している認定審査の基準と合わせ、来年1月ごろに閣議決定する考えだ。

米国:Wynn Resorts 米国施設群の再開後の運営方針~本格6月以降。低稼働スタート

以下は、WYNN LAS VEGASの施策の一部。 ・入場時:施設の入り口を限定し、体温測定カメラを設置。入場者の体温をチェック ・全施設:社会的距離(6フィート, 1。 同社は、指針策定において、政府の政策・マンデート、米国疾病予防管理センター(Centers for Disease Control, CDC)ガイドライン、ネバダ州ゲーミング・コントロール・ボード(Nevada Gaming Control Board)ガイドラインを踏まえ、3名の医療専門家および大学関係者(Georgetown University, Johns Hopkins University)の協力を得た。 ネバダ州は、4月30日に回復ロードマップ「NEVADA UNITED ROADMAP TO RECOVERY」を発表。まず、4月30日現在の状況(自宅待機令、非生活必需事業場の営業停止)をフェーズ・ゼロとし、回復を1から4のフェーズに分けた。そして、早ければ、5月中旬にフェーズ1に入るとした。 ボードは、ナイト(デイ)・クラブは、別途ボードが通知するまで、営業禁止とした。また、MICEについて、別途ボードが通知するまで、人以上のイベント開催を禁止とした(連邦CDC-The Centers for Disease Control and Prevention-ガイドライン)。

雇用や仕入れで、地元地域との関係重視

ラッシュ・ストリート は、億万長者として知られる不動産開発者 ニール・ブルーム と金融業界で著名な グレッグ・カーリン の共同経営によって設立された。立ち上げは半ば。 米ラスベガスに本社を置く MGMリゾーツ・インターナショナル は、ベラージオ、MGMコタイ、マンダレイ・ベイなど、世界に27以上のカジノホテルをもつカジノリゾート運営会社。 カーク・カーコリアンが年に創業してから十数年たった年5月にて、MGMグランドとミラージュ・リゾーツが合併し、現在はCEO ジェームス・J。 ムーレン を筆頭に、質の高いホスピタリティとエンターテイメント性で世界を代表するIR企業へと成長した。 ネバダ州パラダイスに本社を置く ウィンリゾーツ は、元ミラージュのCEOスティーブン・ウィン が設立した、カジノリゾートホテル開発を基盤とする不動産デベロッパー(年時点で5つの不動産を所有)。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。