専門知識

カジノ、有望7地域で争う「誘致競争」の熾烈

投資戦略海外レースカジノ – 17867

政府は、「IR実施法案」を国会に提出し、今国会での法案成立を目指すことになった(参考:「 カジノは上限3カ所、『厳しめ与党合意』の波紋 」「 日本版カジノ、なぜこうも時間が掛かるのか 」)。

上位3位に入らなければ負けになるレース

総合 国内 政治 海外 経済 IT スポーツ 芸能 女子 1。 出川「知ってた」渡部の女性好き 2。 山本代表に「馬鹿なことやめて」 3。 アダルト業界で働く女性の本音 4。

【政界インサイダー情報】IR管轄行政とRFC、RFP

substr 19 : vm。 昨年「特定複合観光施設区域整備法」(通称Integrated Resort(IR)整備法)の成立を受け、従来、刑法で賭博行為として認められていなかったカジノが日本で解禁された。 今般、日本政府は公共政策としてのIR 導入の意義として、国際競争力のある観光ディスティネーションをつくり、多くの観光客を誘客し、滞在を促すのはもちろんのこと、IRをハブにした日本各地への送客を通じて、観光先進国の実現という公益目標を掲げている。つまり、一大観光拠点の開発による日本全体の観光振興という公益目標に資することを前提に、カジノ経営は許可されることになった。 ただし、単独の大規模MICE施設は、世界的に見ても、低採算であるが故に多額の初期投資の回収は難易度が高く、再投資もままならないため、公益目的で国や地方政府等により整備されることが多い事業である。日本でも、財政余力が低下した地方自治体等では、新しい大型MICE 施設の設置、運営は厳しくなっている状況だ。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。