専門知識

WSOPメインイベントに6598名が出場、賞金総額49億円で優勝

賞金総額万円ベトナムのカジノ – 49017

プレイヤーにとってWSOPの最も魅力的な点というのは神秘的な雰囲気に染み付いたその豊かな歴史である。他の全てのトーナメントを合わせてもWSOPのメインイベントから生まれた伝説の数は越えられない。年と年に最初の2度のWSOP それぞれ6人と7人の対戦相手 を制した「ポーカー界の大御所」ジョニ ー・モスから始まり、年と77年に同じ偉業を成し遂げたドイル・ブランソン、そして年と年のストゥー・アンガー、そして年と年に2年連続で人と人との戦いを制しただけでなく、年に3年連続の制覇寸前までいき、フィル・ヘルマスに敗れて2位でフィニッシュしたジョニー・チャンまで多くの伝説が生まれてきた。ちなみにチャンは今年のメインイベントは位でフィニッシュし、24,ドルの賞金を獲得した。

ベトナムのカジノ、全国50か所で計200億円以上の売上高

ベトナムは日本と同じように原則として賭博が禁止されている。カジノは年以降順次外国人向けのものが開設され、年には自国民向けも解禁されている。 細かいルールは分からないが、カジノには、ディーラーがカードを配るタイプのテーブルゲームは基本的に無く、マシンのみ。外国人専用のカジノにはディーラーがいるバカラやブラックジャックのテーブルがある。 ポーカーについては、チップが随時換金できるキャッシュゲームは禁止だが、順位に応じて賞金のあるトーナメントは行われていて、日本からも遠征に行っている人の話は耳にする。 事前にネットでいろいろ検索し、毎日、トーナメントをやっている「Victorious Poker Club」というのがホーチミン市内にあるので、そこを目指すことにしました。Facebookで様子が分かる。 車に乗り、空港敷地を出ようとすると、ドライバーいわく通行料がいるとのこと。あまり話が通じてないが少額だと思って、,ドン(円弱くらい)の紙幣を一枚渡した。 すると、「これでは大きすぎる、他にないか」「1ドル」といってるようなので、財布を見せて全部の紙幣を一度渡した。日本円、ベトナムドン、香港ドル、韓国ウォン、フィリピンペソがちょっとずつ。 ドライバーは紙幣を点検したが「やはり少額の紙幣は無いな」というようなことを言った。 彼は駐車場の中をそれらを握ったまま運転し、外に立っていた別の3人目のドライバーに声をかけ、さっきの,ドンを渡して、1,ドンを代わりにもらって、それ以外の全ての紙幣を運転席と助手席の間のボックスの上に置いて返した。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。