専門知識

横浜カジノ誘致関連情報まとめページ

再登録横浜にカジノ – 25016

キーワード: 検索。

横浜市では報道を受けて事実関係を確認中。市民は賛成・反対がほぼ半々、ギャンブル依存更生施設は「待った」の声

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。 武井宏之 坂本純也、小峰健二。 IR誘致を巡っては、横浜商工会議所などが経済活性化や観光消費につながると推進の姿勢を見せるが、市民にはギャンブル依存症や治安悪化などへの懸念からカジノに反対する意見が多い。さらに、山下ふ頭を利用する企業が加盟する横浜港運協会(藤木幸夫会長)が強く反対している。( 武井宏之 )。 この記事は 有料会員記事 です。有料会員になると続きをお読みいただけます。 この記事は 有料会員記事 です。

朝日新聞 金融取材チーム Twitter

そうした機運の高まりの中で、横浜市民は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致をどう思っているのか、横浜市民の生の声を直接聞くべく、はまれぽでは街頭アンケートを実施した。 街頭アンケート調査は、関内駅周辺、山下公園、横浜駅周辺で、年1月29日(水)と2月4日(火)の2日間に分けて人(一部、市外・県外の人も含む)を対象に行った。 街頭アンケート調査によって、横浜市民の意識、傾向の一端を探りたいと思う。 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致を表明した横浜市 街頭アンケートについて記す前に、「カジノを含む統合型リゾート施設(IR)と横浜市」の現状について駆け足で振り返りたい。 そもそも「統合型リゾート施設(=IR/Integrated Resort)」とは、カジノを含めた、国際会議場やホテル、エンターテインメント施設などを一体整備した巨大集客施設のこと。経済効果や雇用創出が期待できるが、一方で、治安の悪化やギャンブル依存症への懸念が指摘されている。 このカジノを含むIR施設誘致について林市長は、(平成29)年7月30日、「カジノ誘致は白紙」と主張して市長選に当選し 3選 を果たした。 しかし、2年後の(令和元年)年8月22日、林市長は山下ふ頭に、カジノを含むIR施設の誘致を 表明 し、横浜市18区すべてでIR説明会を開催することを確約した。IRの必要性について、「年をピークに人口減少にシフトし、生産年齢人口の減少、老年人口の増加。消費や税収の減少、社会保障費の増加など、経済活力の低下や厳しい財政状況の見込み」などをあげている。また、カジノを含むIR施設誘致の賛否を問うための住民投票を行う意向がないことも示した。 IR誘致を表明   発表当日は、市役所には反対を訴える人がなだれ込み、2時間にわたり混乱が続いた。 林市長も参加して行われた横浜市によるIR説明会は、(令和元)年12月の 中区 を皮切りに、各区で行われている。 IR誘致賛否に揺れる横浜市 山下ふ頭へのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の表明後、横浜市民は、どのように受け止めているのだろうか。 神奈川新聞とJX通信社は合同で、林市長の表明のおよそ3週間後の(令和元)年9月14日、15日に、カジノを含むIR施設の誘致に対する世論調査を実施した。それによると、横浜市民の63。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。