専門知識

CIT自律ロボット研究室

は確率論ライブチャット – 53927

ウォーカー・ロイス氏はIBMラショナルソフトウェア部門のバイスプレジデントで、アジャイル開発手法としてよく知られるRUP(Rational Unified Process)の創始者でもあります。彼の講演は、この日の基調講演の1つでした。

システムの納期とは確率分布だ

本講座は、インターネットによるライブ配信を活用し、シグマインベストメントスクール教室での授業を、PCやスマホ、タブレットを通してオンラインで受講できる講座です。 ライブ受講 では、リアルタイムでの配信に加え、チャットによる質問も可能です(質問回答は、講義の進行状況によりライブ配信時に対応できない場合もございます)。 また、当日ご都合が悪くご覧になられなかった場合でも、数日後から録画した動画で受講していただくことができる 見逃し受講 をご利用いただけます。各回の復習用としてもご活用いただけます。 忙しく時間がとれない方、遠方の方も参加しやすい環境を整えています。 なお、オンライン受講をご希望の方は、お申込み前に、 『オンライン受講にあたって、ご確認いただきたいこと』 をご参照いただき、閲覧可能であることを確認の上、お申し込みください。 京都大学理学部卒業。同大学院理学研究科数学専攻修士課程修了。京都大学理学部数学教室助手、同大学教養部講師、米国カリフォルニア大学アーバイン校客員助教授を経て、一橋大学法学部助教授、一橋大学商学部教授、一橋大学大学院商学研究科教授 兼 一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。その後、パリ第6大学(旧ピエール・マリー・キュリー大学)数学学部確率学科客員研究員、京都大学数理解析研究所客員教授(伊藤清博士ガウス賞受賞記念野村グループ寄附研究部門)等を歴任。 国際数学オリンピック日本代表団長、高等学校教科書「数学シリーズ」(啓林館)の編者として数学教育にも情熱を注いでいる。また、日本競走馬協会会員、新潟馬主会会員でもあり、活動は多岐に亘る。 専門は、数学(確率論、力学系)、金融工学、保険数理。 本講義で用いる書籍です。各自ご用意ください。 藤田岳彦(著)『弱点克服大学生の確率・統計』(東京図書、) 『確率統計モデリング問題集』(日本アクチュアリー会)。 下記申し込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。 (お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。) 送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

基本コース|数学(確率・統計・モデリング)

番号のついていない式は、 1。 確認のために作成した式は、番号はアルファベットの付加で、< 1。 引用する際は、「」で囲む。ページの連続引用の場合には、ページ省略可。引用する際に、旧漢字、旧かなづかいは新漢字、新かなづかい可。式は、 TeX 入力が好ましい。 TeX を利用したことがない人は、手書き、似た式でもよい。関係者で TeX の式を作成。 net 運営委員・会員、 ProofCafe 講師・参加者。学生(10歳以上)・博士・技術士・技術士補(、上記1、2に相当すると主宰者が認めた人、安全工学シンポジウム・ WOCS ・ SWEST の共催・協賛団体の構成員または行事の講演者を含む。博士・技術士は輪講の当番の権利を非行使可・助言歓迎。 次回開催 年7月 1 日 (金)。 午前9時 — 午前10時。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。