専門知識

ザ・リッツ・カールトン ウィーン(オーストリア・ウィーン)

ヨーロッパの美しいカジノウィーン – 47119

ウィーンに限らずオーストリアのカジノには年齢制限があり、 18歳未満の方は入場できません。

日本からオーストリアのカジノへのアクセスは?

ウィーン旧市街を囲むリングシュトラーセ(環状大通り)には、19世紀の美しい歴史的建物が次々と並ぶ。「ザ・リッツ・カールトン ヴィエナ」は、この環状大通りの東部に位置するシューベルトリングに面する。この辺りは市民公園に近く、ライフクオリティーの高さから、当時の富裕層が競って豪邸を建てた。 現在のホテルは歴史的建造物保護法下に置かれる個性的な宮殿的建築4棟が連結され、1つのホスピタリティ・コンプレックスを構成する。正面ファサードを見ると、建物によって窓の位置が異なり、ホテル館内のフロアに段差があるのも頷ける。ルネサンス、バロック、ゴシックをリバイバルさせた歴史主義の建築、その伝統と今日が融合する時を越えたラグジュアリーホテルだ。(43スイートを含む全室)。 大通りから見て左前方、シューベルトリング5番地の建物は、年「貴族カジノ」として開館。(設計:ヨハン・ロマノ・リッター・フォン・リンゲ)カジノといっても今でいうカジノではなく、英国の紳士クラブをお手本にしたオーストリアの青年貴族や軍人の集いの場であった。今はホテルのメインエントランス、レセプション、ロビーラウンジ等になっている。 リング状のモダンなシャンデリアや壁を飾る馬の絵画、ホテルに入った瞬間からテーマが明らかになる。オールデイダイニングの「メラウンジ」(Melounge)、ウィーンならではのミルクコーヒーのメランジェを捩って名付けられたと察する。このロビーラウンジの壁はカラフルな木の葉の絵が飾られ、天井には3万ユーロ分の金箔で木の葉が描かれた。金を使ったのにはここにホテルの前身である銀行の金庫があったのを暗示してもいる。 左後方ベートーベン広場3番地、ローマのファルネーゼ宮殿を模したファサードの建物に、ホテル内の建築的ハイライトが隠れる。修復された階段室は、上り下りを何度も繰り返してしまうほどの美しさ。かのウィーン楽友協会の天井画で有名なアウグスト・アイゼンメンガーによる天井画も印象深い。4Fホールの暖炉を飾るノアの箱船のレリーフも、国立工芸美術館でなく、ホテルにあるのが不思議なくらいの衝撃的作品である。ネオルネサンス様式のグートマン宮殿はカール・ティーツ設計で年に完成。オーストリア=ハンガリー帝国時代に石炭業者として富をなしたヴィルヘルム・リッター・フォン・グートマン家の館だったが、ユダヤ人のためナチスに略奪されるという悲劇が起こったのも史実である。 グリーク・キー(メアンダー雷文)の文様も床や客室の什器等にも多く登場する。フランツ=ヨゼフ皇帝が、帝国と自分の権力の象徴に好んで使った文様でもあり、ここでは古代ギリシャへの思慕を表し、無限、永遠、平和を象徴している。 レセプションの反対側にオープンに続く、オールデイダイニングの「Melounge Lobby Lounge」。木の葉のモチーフがデザインのポイント。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。